リフォームで普段使わない空間を有効に使えるようにしませんか?

広い部屋

リフォームか建て替えかを検討する

お洒落なインテリア

リフォームをするぐらいなら建て替えを検討した方が良いという人がいます。たしかに、建設から築20年まで貯蓄して新たに建て替えをした方が良いようにも感じます。
しかし、これは本当なのでしょうか。結論からいえば、金銭的な面から考えるとリフォームを行った方がお得になります。なぜかというと、数十年間まったくリフォームを行わず家に居住する事は、現実的に有り得ない事だからです。
しかも、大規模なリフォームを定期的に行っていても、総額が新築費用並みに掛かるということは無く、たとえリフォームの総額で1千万かかったとしても、その金額で新築の物件が建つとは考えにくいからです。このように、金銭的な面から考えると、新築よりもリフォームの方が断然お得だという事が分かってもらえると思います。
しかし、リフォームを行ったからと言って家の寿命が伸びるわけではないと、疑問を持つ人もいる事でしょう。たしかに、築20年以上を超えると家の老朽化は、目に見えて出てくる事もあるでしょうが、はっきり言えばそういった家はしっかりとメンテナンスが行われていない家だといえます。
なぜかというと、定期的なリフォームが適切に行われていれば、家の寿命は確実に伸びるからです。実際、築30年を超えるような家でも、状態のいい家は少なくないはずです。定期的なリフォームを心掛けていれば、金銭的にもお得になるので、検討してみてはどうでしょうか。

おすすめコンテンツ